株式会社シナノ精機-新潟県長岡市

顧客満足と技術力を限りなく追求し社会に貢献する

01月

この冬の長岡は雨が多く、積雪が少なく、例年に比べ楽な日を過ごしています。

先週大きな雷鳴があったので、ついに大雪到来かと思いましたが大したことはなく、週末の雪も牛丼で言えば並盛程度でした。

日本海側では冬、雪が降る前に雷が鳴ります。金沢では雪が降る前の雷鳴を「ブリ起こし」と呼び、ご馳走を連れて来ると言って喜ぶという話を聞いたことがありました。

が、しかし、私が長岡で初めて経験した冬の雷鳴はそんな情緒のあるものではなく、聞いたことの無い轟音というか破裂音で、北朝鮮の爆撃かと思いました。東京から来た知り合いは、夜半の雷鳴に新幹線の脱線事故が起きたと思ったそうです。私はいまだ冬の雷鳴を聞くとテロか事故による爆発を少し疑います。

調べたところ、都道府県別年間雷日数ランキングは、1位石川県、2位福井県、3位新潟県は、4位は富山県で、北陸が独占しています。そして冬の雷は夏の雷に比べ、威力が100倍以上。冬の方が積乱雲と地上との距離が近く、落雷が少ないので一発の威力が強いとのことでした。静かに忍び寄ってきて、いきなりドーンと落ちるのも日本海側の雷の特徴で、雷は上から下ではなく下から上へ放電するそうです。

良い写真が取れませんでしたので、北陸電力の雷情報ご参考。http://www.rikuden.co.jp/kaminari/tokucho.html

寒ブリの季節になりました。雷は美味しいブリを連れて来てくれますが、ビジネスの現場の雷はいただけません。