株式会社シナノ精機-新潟県長岡市

顧客満足と技術力を限りなく追求し社会に貢献する

沿革

シナノ精機の沿革

1988年 5月
有限会社 シナノ精機設立
自動ウエハー搬送装置の配線組立、調整業務開始
1989年 1月
縦型CVD装置の配線組立、調整作業開始
1991年 4月
枚葉式プラズマCVD装置の配線組立業務開始
1992年 6月
自動テーピング機の設計製作、据付調整業務開始
1994年 3月
ハードデスクラッピング装置の組立業務開始
1996年10月
超高真空減圧CVD装置の組立業務開始
1997年 1月
液晶用スパッタリング装置の組立開始
液晶用洗浄装置の組立開始
2002年 8月
スピンエッチャー用薬液供給装置の組立開始
2004年 1月
スピンエッチャー装置の組立検査開始
2004年 8月
本社にてISO14001認証取得
2004年 9月
本社・工場、長岡市南陽2丁目(南部工業団地)へ移転
2005年 7月
組織変更により株式会社 シナノ精機に社名変更
2008年 3月
有機EL用スパッタリング装置/蒸着装置の組立開始
2008年 7月
有機EL用加熱・冷却装置の組立開始
2009年 9月
水ジェット誘導式レーザー加工機開発開始
2010年 1月
レーザー+ブレード ハイブリッドダイシング装置組立開始
2011年 2月
真空装置用イオンガン組立開始
2013年 3月
半導体装置ガス配管用ステンレス配管制作開始